アク活!!

アクアリウム初心者による海水魚飼育活動ブログ。

60cm水槽にして感じた良かったこと、良くなかったこと。

45cmから60cmへ水槽を大きくして良かったこと、良くなかったことを書きます。

良かったこと

見た目が良い

45cmと60cmって数的にそんなに変わらないって思うじゃないですか?45cmから60cmに移行するとデケェ;;!!!ってなります。これは大きいサイズに移行したときに感じるはずです。思っていた以上の変化にグッときました。

海水魚を増やせる

水質的な意味合いでです。45cm水槽だと4尾以上は難しいと感じていましたが60cmにしてからすぐにデバスズメダイを追加しました。60cmでも4、5尾が妥当と書かれているものも見ますが大きくない海水魚であれば6,7尾はいけるのではないかと考えています。増やす分手間は増えますが;;

コーラルを増やせる

スペース的なものです。コーラルを増やすとだんだん置く場所がなくなってきます。ナガレハナサンゴのように他とは距離を置いたほうがいいものもあるので容易に増やすことができませんでした。広くなったことでコーラルを増やすことができます。

レイアウトの幅が広がる

横幅も高さも増えたので高低差のある良い感じのレイアウトがくめるようになりました。隠れる場所も増えるので混泳の対策にもつながります。なにかと気を使うイソギンチャクも離れたところに配置できて生態の位置の管理はしやすくなりました。

水槽を大きくして良かったことでした。海水魚やコーラルは多いほうが水槽は華やかになりますね。

続いては大きくなったことで少し不便になったことなどを書いていきます。

良くなかったこと

高さが増えると水槽内に手を入れての作業が大変

水槽の中に手を入れる際に袖に袖捲りをたくさんしないと着水します。水槽内を確認しながら水槽内での手作業をすると態勢がきつくなってきます。主に腰にきます;;高さが増えるとこのようなデメリットがありました。

コケ掃除の面積が増えた

コケのはえる面積が増えたので掃除の面積も増えました。現在掃除のなかでコケ掃除が一番大変です。

換水の時間が増えた

換水量は10Lから15Lに増やしました。現在は週一で15Lの換水をしています。つくる量を増やすのは楽ですが注水を時間かけて行っているので注水の時間が長くなってしまいました。換水の時間短縮を考えていきたいです。

以上60cm水槽にして感じた良かったこと、良くなかったことでした。実際良いことばかりでは無いです。しかし水槽を大きくするか迷っている方には大きくすることをオススメしたいです。人間だけではなく生態達のより住みやすい環境のために^^

水槽引っ越しのときの記事はコチラです!

akukatsu.hateblo.jp